水漏れが起きたらどうなるのか

水漏れが起きたらどうなるのか 生活には、水が欠かせません。食事を作るときやトイレを使ったとき、シャワーなどどれも生活に必要です。飲み水もなければ生命活動として問題が出てしまいます。いつでも使えると思う水ですが、どこからか水漏れを起こしていれば、大きな損害を出してしまいます。急に水道代が上がったと思ったら、実は水漏れしていたというのも珍しい話しではありません。被害も出してしまうため、どんなことが起きるのか、問題としてどれほど深刻なのかを考えてみる必要があります。

■生活に欠かせない水が漏れたら

水漏れすぐに発見できるものと、どうしても発見が遅れる場所があります。常に使う場所から漏れると、だれにでもすぐにわかります。キッチンの蛇口やトイレなどは日常的に使うため目にする頻度も高く、問題があればすぐに判明する場所です。キッチンでも排水側や床下にある配管は、そうそうみる場所ではありません。じわじわと水が漏れてきているときなどは、音も小さくどうしても発見が遅れます。
水が漏れたら、その分水道料金も支払わなければいけません。周りに被害を与えることも出てきます。想像以上の被害を出す場合もあるため、何かのサインがあったらすぐに対応するべきです。晴れ続きなのに周りの土が濡れていたり、水道代の変化、床や壁から湿気を感じるなど、サインがあったりしたときには疑ってかかり、漏れているか点検も考えるべきでしょう。

■水漏れが引き起こす問題
水漏れが起きると、水道代以外にも多くの問題を発生させます。水漏れに気付かず、長期間にわたって床下などから水が漏れ続けている場合、家屋全体の湿度を高めます。カビが生える状況を作りだしますし、家具などにもダメージを与え始め、家の構造も傷めるのが問題です。この時に対応を始めても、ダメージは改善できるわけではありません。
わずかな漏れだと思っていたら、周囲の土まで巻き込み突然沈下することもあります。いきなり地面に穴が開く場合も出てくるため、敷地内でも問題です。家の構造に関わる部分で起きれば、水が漏れている以外にもダメージを与えます。たかが水漏れと思うのではなく、すぐに対応を始めなければいけません。

■被害が拡大しやすい集合住宅

じわじわとした水漏れが、被害を大きくする場合もあります。水が漏れていても、一軒家であれば、自分の敷地内の責任で済みますが、集合住宅になるとそうはいきません。階下に水が流れ出して影響を与え始めれば、大きな保障問題に発展します。
だれもいない間に水が浸透し、家電にかかれば壊してしまうことも出てきます。漏電が火事につながる場合もあるでしょう。火事などの問題にならなくても、パソコンにわずかでもかかり、内部のデータを損失する可能性も低くありません。大切なデータが復元できないことにでもなれば、計り知れないほどの補償をしなければいけないケースです。
水がかかってしまえば取り返しがつかないものがたくさんあります。自分の天井から水が漏れてきたときに、一体どうなるのか考えてみるべきでしょう。水漏れは放置するものではなく、リスクを考えても早く修理をしなければいけません。水道管だけではなく、排水管のように排水を流していれば、衛生的な影響を引き起こすことも問題です。

■まとめ
水漏れは、想像以上の被害を発生します。毎日の生活でいつも使用しているならトラブルにもすぐに気づけます。しかし、家庭の中には多くの場所に水が使われているため、使用頻度の低い箇所や目につかない場所などは、点検が必要であることは理解しておくべきでしょう。漏れている箇所を見つければ、対応はすぐにでもできます。重大な問題に発展する前に修理してしまうことが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース